2012年03月31日

今もなおがんばっている人達

東日本大震災から1年以上が過ぎました。

人間の身勝手な行動で、何の罪もない動物たちが今も苦しんでいます。

今年の3月11日を過ぎてからは、報道されることも少なくなってきました。

そんな中、今も懸命に福島の動物たちのためにボランティアをされていらっしゃる方達がいます。

そのボランティアの方が発信している

http://dogcatrescueproject.blogspot.jp/

「福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト」

というブログがあり、現地での保護活動などが書かれています。

こちらでは保護された犬や猫の里親さんも探しています。

一つの小さな命を救うために、懸命にがんばっている姿が手に取るように感じられます。

是非こちらのブログを読んでみてください。

そして福島に残された動物たちの状況を、知ってたくさんの人に伝えてください。






posted by たーな at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

がんばれ牛たち

今、福島県の富岡町で悲しい出来事が起きています。

行政による牛の殺処分です。

町は殺処分するはずだった牛を殺処分せず餓死させようとしたそうです。

そして善意で逃がされて1年も過ぎてから、また捕獲されて殺処分が始まりました。

それも安楽死ではなく、麻酔も打たずに薬剤を注入され穴に生き埋めです。

いくら食肉や乳牛として使えなくなった牛でも、生きています。

生き埋めは酷すぎます。

富岡役場は当初牛は殺さないと畜主に言い、牛を柵に集めさせたそうです。

集め終わると手のひらを返したように殺処分です。

これでは何を信用していいのか分かりません。

http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo

このブログは富岡町ご出身の方のブログです。

現場の状況がひしひしと伝わってきますので、是非読んでください。

そして福島の状況を知って、たくさんの人に広めてください。
posted by たーな at 19:35| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

見捨てられた命を救え!A

前回紹介した

DSC01420.jpg


「見捨てられた命を救え!3・11アニマルレスキューの記録」

の中で星ファミリー代表の星 広志さんは

「すべての生命には生きる権利がある。それは人間も動物も変わらない」

と書かれています。当たり前のことですが、

当たり前ではなくなっている事を気が付かない私たちがいます。

今回の原発事故は何が原因でしょうか。

地震ですか?それとも津波?

いいえ、私たち人間です。地震も津波も自然現象ですが原発は違います。

原子力発電と引き換えに私たちは便利な生活をしていたのも事実です。

しかし自分たちが作った原発が放射線をまき散らし、

悲惨な状況を作り出した人間だけが避難している現実。

これでいいのでしょうか。

人間以外の動物たちが原発を作った訳ではありません。作ったのは人間です。

その私たちが何の罪もない動物の保護をして逮捕されるのです。

その記録が上で紹介した本に掲載されています。

また、

http://www.facebook.com/fukushimaanimal

ここに星ファミリーさんの活動記録があります。

是非ご覧になってください。

そして福島の現状を知って、広めてください。

posted by たーな at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。