2012年04月21日

今もなおがんばっている人達A

先日、仕事で埼玉県の大宮に行ったところ、大宮駅東口で大きな声で募金のお願いをしている人がいました。

少しばかりの募金をさせていただき、お話を聞きながらチラシを受け取るとそこには

相馬市で犬の避難所を作り世話をしたり、その他の活動もされている

NPO法人 青年協議会

ということが書かれています。

帰宅してネットで青年協議会さんを調べると、本拠地はなんと熊本県だということが分かりました。

はるばる九州の熊本から福島のとり残された動物のためにがんばっていらっしゃいます。

震災で職を失った被災者に犬の避難所の運営に携わってもらい、日当や経緯は募金で賄っているそうです。

ホームページを見ると上野や秋葉原、舞浜などでも街頭募金をやっているので、見かけた方は是非募金をしてあげましょう。

その善意がひとつの小さな命を救うことになると思います。

また、とり残された動物のためにがんばっている人たちがいることを知って、周りの人たちに伝えてください。お願いします。

posted by たーな at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

祈る気持ちが伝わった

先日、がんばれ牛たちの記事で紹介させていただいた、

ときぶーさんのブログときぶーの時間によると、

富岡町の牛の殺処分は中止になり、生かす方向で話が進んでいるそうです。

読者の方たちが富岡町役場に牛の殺処分を取りやめるよう抗議したことも、
この朗報に役立ったのでしょう。

人々の声って大事ですね。そしてすごいパワーがあります。

殺される運命だったいくつかの命を救ったのですから。

今、ブログを書いている僕の足の上で、
うちのネコが丸まって気持ち良さそうに寝ています。

福島に残された動物たちのことを思うと、なんて幸せなんでしょう。

毎日決まった時間にごはんが食べられ、暖かい部屋で眠ることができる。

彼らにも1日も早く、暖かい生活をさせてあげたいと毎日考えています。

これからも自分にできることを見つけて、微力ながらコツコツと続けていこうと思います。
posted by たーな at 18:36| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

警戒区域内どうぶつ慰霊祭

4月22日に「警戒区域内どうぶつ慰霊祭」が南相馬と上野で行われます。

慰霊祭の主旨は

一年前の2011年4月22日。
政府は東京電力福島第一原発から20km圏内を法的な立ち入り制限のある「警戒区域」に指定。地元住民にとって、我が家への帰宅が法的な束縛を伴うものになりました。
この決定は、かろうじて自分のペットや家畜の世話をしていた人々、与えられる餌によって生き延びた動物たちにはとりわけ非情で過酷なものでした。さしたる手助けもないまま、いのちを諦めろといわれたに等しいものだったからです。

立入制限から一年。奪われたいのちに哀悼を捧げ、いまだ残された命を諦めないため、ともに祈りましょう。

<慰霊祭の概要>

● 福島県・南相馬市「岩屋寺」と、東京・上野公園「野外ステージ」にて慰霊祭を行います。哀悼を捧げる方々のご参列をお待ち申し上げております。

● 当日、各地で慰霊行事を行ってくださる団体・個人を募ります。実行委員会までお問い合わせください。

● 14時46分に一分間のいっせい黙祷を捧げます。ご参列できない方々も、ともに哀悼を捧げましょう。


です。
私も参加させて頂き、無念の死を遂げた動物たちの霊に哀悼の意を捧げたいと思います。

慰霊祭の主催者のささきちさんは福島で動物たちへの給餌や保護をボランティアでやられています。

その活動がささきちさんのブログ

警戒区域の動物たちを見捨てない!

で書かれています。ささきちさんご自身の心情や現地の悲惨な状況、

残された動物たちの悲しく悲痛な叫びが聞こえてきます。

是非ご覧になってください。

そして福島で死んでいった動物たちや、今でも残されている動物たちのことを知って、

たくさんの人に伝えてください。



posted by たーな at 22:58| Comment(0) | どうぶつ慰霊祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。