2012年03月23日

震災後の動物たちを記録した写真展C

僕は今まで人のために募金や支援物資を持って行ったりし​ていましたが、

これからは国が見向きもしない動物たちの​ために動こうと思います。

僕ら人間は家を出れば仲間がい​ますが、彼らには飼い主しかいません。

その飼い主を待っ​て、鎖につながれたまま犬小屋の前や小屋の中で餓死して​いった

犬の無念さを思うと胸が張り裂けそうです。

下の写真の豚も訳が分からないまま仲間が死んでいき、

自分も息絶えようとしています。

この現​状をみなさんに知って頂ければ、

現地で放射線を浴びなが​らがんばっているボランティアの人達のためになると

思い​ます。

DSC01394.jpg


posted by たーな at 23:27| Comment(0) | 写真展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。