2012年04月02日

警戒区域内どうぶつ慰霊祭

4月22日に「警戒区域内どうぶつ慰霊祭」が南相馬と上野で行われます。

慰霊祭の主旨は

一年前の2011年4月22日。
政府は東京電力福島第一原発から20km圏内を法的な立ち入り制限のある「警戒区域」に指定。地元住民にとって、我が家への帰宅が法的な束縛を伴うものになりました。
この決定は、かろうじて自分のペットや家畜の世話をしていた人々、与えられる餌によって生き延びた動物たちにはとりわけ非情で過酷なものでした。さしたる手助けもないまま、いのちを諦めろといわれたに等しいものだったからです。

立入制限から一年。奪われたいのちに哀悼を捧げ、いまだ残された命を諦めないため、ともに祈りましょう。

<慰霊祭の概要>

● 福島県・南相馬市「岩屋寺」と、東京・上野公園「野外ステージ」にて慰霊祭を行います。哀悼を捧げる方々のご参列をお待ち申し上げております。

● 当日、各地で慰霊行事を行ってくださる団体・個人を募ります。実行委員会までお問い合わせください。

● 14時46分に一分間のいっせい黙祷を捧げます。ご参列できない方々も、ともに哀悼を捧げましょう。


です。
私も参加させて頂き、無念の死を遂げた動物たちの霊に哀悼の意を捧げたいと思います。

慰霊祭の主催者のささきちさんは福島で動物たちへの給餌や保護をボランティアでやられています。

その活動がささきちさんのブログ

警戒区域の動物たちを見捨てない!

で書かれています。ささきちさんご自身の心情や現地の悲惨な状況、

残された動物たちの悲しく悲痛な叫びが聞こえてきます。

是非ご覧になってください。

そして福島で死んでいった動物たちや、今でも残されている動物たちのことを知って、

たくさんの人に伝えてください。



posted by たーな at 22:58| Comment(0) | どうぶつ慰霊祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。