2012年12月02日

日本の動物愛護・保護と支援活動

12/15に東京でOne Love Action 2012 vol.6「日本の動物愛護・保護と支援活動」というイベントが開かれます。
テーマは
「殺処分される犬や猫を日夜、レスキューしている動物保護団体。その活動を支える方法は寄付をする、犬を預かるなど様々ですが、今、自分が持っている能力を活かす方法もあります。
今回は獣医師として保護犬たちのケアを行ない動物保護団体をサポートしている方を招き、日本の動物保護活動を支える「人、もの、こと」をテーマに開催します。
獣医師として関わっておられる箱崎先生の他に、主婦として、カメラマンとして 動物愛護に関わっておられる方々からの経験談を聞くことができますので、 動物たちのために何かしたいとお考えの方や、関心をお持ちの方にはヒントが 満載の講座になることと思います。 どうぞご参加ください!」
です。
参加希望の方は下記HPを参照してください。
http://www.onebrand.jp/action/
posted by たーな at 12:24| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

祈る気持ちが伝わった

先日、がんばれ牛たちの記事で紹介させていただいた、

ときぶーさんのブログときぶーの時間によると、

富岡町の牛の殺処分は中止になり、生かす方向で話が進んでいるそうです。

読者の方たちが富岡町役場に牛の殺処分を取りやめるよう抗議したことも、
この朗報に役立ったのでしょう。

人々の声って大事ですね。そしてすごいパワーがあります。

殺される運命だったいくつかの命を救ったのですから。

今、ブログを書いている僕の足の上で、
うちのネコが丸まって気持ち良さそうに寝ています。

福島に残された動物たちのことを思うと、なんて幸せなんでしょう。

毎日決まった時間にごはんが食べられ、暖かい部屋で眠ることができる。

彼らにも1日も早く、暖かい生活をさせてあげたいと毎日考えています。

これからも自分にできることを見つけて、微力ながらコツコツと続けていこうと思います。
posted by たーな at 18:36| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

がんばれ牛たち

今、福島県の富岡町で悲しい出来事が起きています。

行政による牛の殺処分です。

町は殺処分するはずだった牛を殺処分せず餓死させようとしたそうです。

そして善意で逃がされて1年も過ぎてから、また捕獲されて殺処分が始まりました。

それも安楽死ではなく、麻酔も打たずに薬剤を注入され穴に生き埋めです。

いくら食肉や乳牛として使えなくなった牛でも、生きています。

生き埋めは酷すぎます。

富岡役場は当初牛は殺さないと畜主に言い、牛を柵に集めさせたそうです。

集め終わると手のひらを返したように殺処分です。

これでは何を信用していいのか分かりません。

http://blog.goo.ne.jp/tokigootokiboo

このブログは富岡町ご出身の方のブログです。

現場の状況がひしひしと伝わってきますので、是非読んでください。

そして福島の状況を知って、たくさんの人に広めてください。
posted by たーな at 19:35| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。